エイジングケア化粧品はお肌の老化によるトラブルを改善するもの

cosmeera01

お肌が老化してくると、しわやたるみ、シミやハリの低下など様々なトラブルが現れます。

エイジングケア化粧品は、このようなお肌のトラブルを持つ方に向けて作られた化粧品です。

肌をすこやかに保つために、エイジングケア化粧品を選ぶ時にはいくつかのポイントを意識しましょう。

まず、保湿成分が配合されているものを選ぶことです。

お肌の水分料は年齢を重ねるにつれて減りはじめ、乾燥しやすくなります。

乾燥すると摩擦や紫外線などの外的刺激からお肌を保護することができなくなり効果を促進させてしまいます。

お肌の水分の蒸発を防ぐために、保湿成分を配合したものを取り入れましょう。

また、お肌にハリを与えるものを選びましょう。

年齢を重ねるとことで、お肌の水分量だけでなくお肌のハリや弾力も低下してしまいます。

肌のハリや弾力が失われると、シワやたるみの原因になってしまいます。

肌にハリを与えるエイジングケア化粧品を使用して、お肌の柔軟性を保ちましょう。

エイジングケア化粧品の効果を実感するためには、ライン使いをおすすめします。

化粧水から美容液まですべてそろえるのは、なかなか難しいかもしれませんが最近ではお得にライン使いを試すことができるトライアルセットなどを取り扱っている化粧品メーカーも多いので試してみることをおすすめします。

エイジングサインは20代後半から加速してくるといわれています。

5年後、10年後のお肌のためにも早めにエイジングケア化粧品を使用しましょう。

基礎化粧品によるエイジングケア効果

基礎化粧品と聞いて、どのくらいの人がきちんと意味を理解しているでしょうか。

基礎という名のとおり、メイクアップのための化粧品ではなく、ベースとなる肌のケアをするための化粧品です。

基礎化粧品と呼ばれるものは平均的に6つあります。

ウオッシング・・・洗顔料のことです。水溶性の汚れを落とします。しっかりきめ細やかな泡を作り、肌に直接触れることなく泡を転がすようにやさしく洗うのがコツです。

クレンジング・・・油性の汚れを落とします。クレンジングには主にオイルとクリームの二種類があります。オイルはさっぱり洗い上げたい方に、クリームは潤いを保ちながら洗い上げたい方におすすめです。年齢を重ねた大人の女性にはクリームを。油分の分泌量が多い思春期の女性にはオイル、という風に使い分けると良いでしょう。季節に合わせて変えるのも効果的です。

マッサージ・・・上記二点を使って汚れを落としたら、マッサージクリームを使ってゆっくりを肌に栄養を与えていきます。
毛細血管の血行を良くし、リフトアップや新陳代謝を活発にしる効果があります。

化粧水・・・マッサージで温まった肌を化粧水で冷やして毛穴を引き締めます。同時に水分を与えます。

乳液・・・油分を与えます。

クリーム・・・コクのあるクリームでたっぷり栄養を与えます。

基本的には上記の6点ですが、さらにお肌の悩み別に集中補修をします。

パックや美容液などです。

パックの場合はマッサージ後、化粧水の前に。

美容液はメーカーにもよりますが乳液の後、クリームの前が一般的です。

エイジングケアと一言でいっても、目的別の基礎化粧品を使い、日々の積み重ねによって効果が表れるのです。

エイジングケアは何歳から始めたらいいの?

エイジングケアは何歳から始めれば良いのでしょうか。

多くの化粧品は30代向けの商品からエイジングケアシリーズになっているものが多いようです。

しかし、エイジングケアは早く始めるに越したことはありません。

人間は生まれた瞬間から紫外線や活性酸素の影響を受け、老化が始まります。

20代のうちは新陳代謝が活発なので、老化を感じずに済みますが、内部ではじわじわと老化が進行しているのです。

ほうれい線やシワなどのエイジングサインが表れる前から始めるのがベストです。

特に早くからからお化粧をし始めた人、スポーツなどで紫外線の影響をたくさん受けてきた人は肌にダメージが蓄積されているのでなるべく早くエイジングケアを始めた方が良いでしょう、20代半ばから始めても早くはないはずです。

エイジングケアといっても何をすればよいのか分からないという人も多いと思います。

まずは紫外線対策を徹底的にするようにしましょう。

季節を問わず、しっかりとUVケアして紫外線を防ぐことが大切です。

また、年齢を重ねると新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーが遅くなってくるので、定期的にピーリングをしてあげるようにしましょう。

不要な角質を落とすことで、化粧品の有効成分が肌に浸透しやすくなります。

肌の老化は真皮のコラーゲンが減少することによって起こるので、体内でコラーゲンを生成するのをサポートしてくれるビタミンC誘導体やレチノールなどを含む化粧品でケアしてあげると良いでしょう。

また、エイジングケアは内側からの対策も必要です。

食事や睡眠などの生活習慣も見直して、内側と外側両方からのエイジングケアを続けるようにしましょう。

美白効果を狙うエイジングケアで重要なこと

年齢を感じさせない肌といえば、しわがない、シミがない、クマがないなどいろいろありますが、一番の若さを感じる肌は、美白肌ではないでしょうか。

紫外線を防止したり、UVカットの化粧品を使用してエイジングケアに努力した肌が、透明感のある肌を作ります。

エイジングケアは、すぐに効果が出るとは限らず、毎日の地道な努力が必要です。

基礎化粧品の見直しをしてみましょう。

いつまでも若い肌向けに作られている化粧品を使っていませんか。美白効果がある化粧品は、ラインでそろえようとするとどうしても値段も高くなりがちですが、最近はエイジングケアに特化した化粧品も増え、ドラッグストアでピンポイントで利用できるお手軽なものも増えました。

値段も大変魅力的です。また、エイジングケアに熱心な女性、美白にこだわる女性は、美容皮膚科などを利用して、皮膚科処方の化粧水などを利用しています。

たとえば、ビタミンCやビタミンEをたっぷり含んだ化粧品などです。

また、エイジングケアに効果のある成分を含んだクリームなども販売しています。

そこでは皮膚科医に相談して、敏感肌の人でも美白ケアを目指せるものを選ぶことができます。

皮膚科は皮膚の病気のときだけにいくものと決めつけず、エイジングケア、美白ケアを皮膚科専門医などのプロの目で進めてもらえるという、よいアドバイザーとして利用することが、これからのエイジングケアの決め手、美白ケアの決め手といえるでしょう。

また、メディカルコスメとしては有名になってきたアンプルール美容液もおすすめできますので、はじめはトライアルを試されと良いと思います。

エイジングケアで大切なことはスキンケアの基本でもある

エイジングケアというといつから始めれば良いのかが気になります。

20代だからまだまだ先のことだと思っているかもしれませんが、エイジングケアを始めるのに早すぎることはありません。

私たちは常に紫外線や活性酸素の影響を受け、どんどん老化しています。

思い立ったときが、エイジングケアの始め時です。

エイジングケアの基本は紫外線対策と保湿です。

スキンケアの基本でもあります。

肌の老化に最も大きな影響を与えるのは紫外線です。

紫外線はシミだけではなく、真皮の細胞に傷をつけるので、たるみやシワなどにもつながります。

エイジングケアを意識したとき、真っ先にやるべきことは紫外線対策なのです。

UVA波は、雲や窓ガラスを透過するので、部屋の中でも安心できないうえ、肌の奥の真皮まで届くので、肌の天敵です。

季節を問わず、ケアするようにしましょう。

そして保湿も大切なケアです。

年齢を重ねると、肌の水分量だけではなく、皮脂量も減少してきます。

そうすると、肌のバリア機能が損なわれ、乾燥肌や敏感肌になってしまうのです。

このような状態になると、肌が薄くなり、ハリやツヤが失われてしまいます。

その為、きちんと保湿ケアをすることはエイジングケア、スキンケアの基本であり大切なことなのです。

エイジングケアと言っても、難しいものではなく、基本は肌に良くないことを避け、足りなくなってきたものを補うということです。

5年後、10年後の将来の自分のために、今できることから始めましょう。